RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Blocanus 2009

2009年度ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムに参加しているメンバーのブログなどの情報を集約する予定です。決して公式サイトというような高尚なものではございません。掲載されている情報によって、当サイト利用者が被ったあらゆる問題に対してサイト運営者は責任をとりません。
今後のVulcanusプログラムに対する提案(補足)
0

     ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムに関する提案を前回の記事、今後のVulcanusプログラムに対する提案で書かせてもらった。意外にも幾人かの方からレスポンスをいただけたので驚いている。ただ、その際、私の文章の説明も悪かったためか、私の提案したい内容と異なることとして提案が受け止められていることがあった。そのため補足として、コメントをいただいた方への返答に用いた例をここで示しておきたいと思う。

     私は世代を超えたものだろうが、同世代だろうが、日本人同士やヨーロッパ人(人種ではありませんが)同士の交流にはさほど興味がありません。あれば良いと思うものは、日本人とヨーロッパ人間の交流です。そして、その交流の形態が以下の経緯より世代が超えたものになるという話です。

     例としてはヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムをこれから開始するA君を想定してください。A君の研修国はポルトガルです。

     この場合、センターの人が過去のヴルカヌス・イン・"ジャパン"プログラムの参加生でかつポルトガル出身の人(BさんとCさんとしましょう)に、A君への連絡先を教えます。Bさんは特にヴルカヌスにもう思い入れがないので、A君にも興味を持ちませんでしたが、CさんはA君に興味を持ったとします。この場合CさんがA君にメールなどで連絡を取ってみるということです。

     A君はプログラム参加中ですからやる気満々ですし、Cさんもあえてメールを送るぐらいですから、興味があるのは間違いないはずです。まさに無駄のないマッチングです。

     これをA君が興味があるかわからないBさんとCさん両方(実際にはもっと人数がいるはずです)にメールを送る必要があるとなると、面倒なはずです。しかも、個人的な接点ですから、時間の都合なども自由が利きます。

    (もちろん、上記はヴルカヌス・イン・ジャパンプログラムでも同様です)


     この記事を読んで新たにコメントいただける方をお待ちしております。

    | プログラムに関して | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    今後のVulcanusプログラムに対する提案
    0

       ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムに関するアンケートに対する返答を書いている。提案を1つ書いたので、ここにも掲載し、他の人(過去の参加者、現在の参加者、未来の参加者、プログラムに関心のある人などなど)からのレスポンスも待ってみることにする。レスポンスがあればだが…。


       企業研修中にたまたま私のブログを通して過去にヴルカヌス・イン・ジャパンプログラムに参加したポルトガル人と出会うことができた。彼はイギリス在住で、年末年始にポルトガルに帰国した際、わざわざアヴェイロまで遊びに来てくれた。彼の見た日本の面白い点や私が見るポルトガルやヨーロッパの感想を話したのは非常に有意義なものだった。

       ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムの参加者もヴルカヌス・イン・ジャパンプログラムの参加者も姉妹プログラムに参加している人たちに興味があるはずだ。特に、研修先の国と出身国が同じである場合はなおさらだ。過去のヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムの参加者と現在のヴルカヌス・イン・ジャパンプログラムの参加者、過去のヴルカヌス・イン・ジャパンプログラムの参加者と現在のヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムの参加者が興味を持ったときに自発的に会えるようにセンターが過去の参加者に対して、現在の参加者の情報(研修地や連絡先)を与えてみてはどうだろうか。もちろん情報を与えるためには現在の参加者の同意が必要だ。この後押しをしても参加者が連絡を取り合わなかったからといって、損失は少ないはずだ。

       これは本来アルムナイネットワークで行われるべきものだが、現在のアルムナイにそれだけの能力があるとは思えない。各年度内のつながりは強いが、世代を超えたつながりはまだまだ作りにくい環境であるのが一因になっているように思われる。上記の提案法でセンターが世代を超えたつながりを後押しすることで、アルムナイネットワークを活発化し、最低限のコストでヴルカヌスプログラムの価値を押し上げることが期待できるというのが私の考えだ。

       この案を思いついたのはすべて、ポルトガル人の奥さんじょみーさんの力があったからこそです。海外在住のヒントも満載のじょみーさんのブログも興味があればどうぞ。

       ⇒ Second Stage in London

      | プログラムに関して | 12:05 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      中間報告会
      0

         ブリュッセルで中間報告会がありました。全参加者(1名出張で参加できなかったのですが)が短いプレゼンテーションを行いました。語学研修で勉強した言語でもプレゼン資料は作りましたが、発表は全員英語で行いました。

          全体的な感想としては、やはり英語の勉強をしてレベルアップした人たちのすごさを感じました。スラスラ英語を話します。そして、英語以外の言語を勉強していた人たちもかなり流暢に英語を使うことに驚きました。質問も英語で行うのですが、みなが積極的に質問をし、突発的な質問でありながらも、発表者は上手な英語で答えていました。

         中には、現在使用している言語が邪魔して、英語に混じる人もいました。ついYESやNOを間違って、違う言葉で言ってしまうというものです。この気持ちはすごくわかります。勉強した言語が邪魔をする人ほどその言語にどっぷりつかりながら仕事をしているということでしょう。発表では苦労したでしょうが、よい傾向ともいえるでしょう。

         プレゼンの構成がしっかりした人も多く、発表なれしている人たちも多くいました。まさに能力の高さを感じました。ただし、何を話すべきかを絞れきれずに時間内にまとめ切れなかった人が多かったのはヴルカヌス生の代々受け継がれる癖なのでしょうか?

         次回の最終報告会は会社の上司も参加するということでみんな緊張するはずです。誰が発表を上手にしたかのコンペティションもあるようなのでより工夫した発表を求められそうです。

         東京から来てくださったスタッフの方がおみやげにカレーのルーを持ってきてくれました。久しぶりの日本の物ということでみなが喜んで持って帰りました。

        | プログラムに関して | 07:04 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラム2010
        0

           ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラム2010年度版の募集要項がすでに出ています。海外留学等に興味がある人はぜひ、日欧産業協力センターのサイトにあるプログラムの概要を読まれることをすすめます。

           ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムに関してここで多く説明はいたしません。というよりも、同じプログラムに参加しながらも、人によって体験することが大きく異なるため、ヴルカヌスはこんなのだ!といいにくいのです。

           当サイトでは、右ブロックに2009年度参加者が書いているブログに対してリンクを貼っています。ヨーロッパでの日々の生活がわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

          | プログラムに関して | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |