RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Blocanus 2009

2009年度ヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムに参加しているメンバーのブログなどの情報を集約する予定です。決して公式サイトというような高尚なものではございません。掲載されている情報によって、当サイト利用者が被ったあらゆる問題に対してサイト運営者は責任をとりません。
ブリュッセルでの研修2日目
0

    4月2日 ブリュッセルでの研修2日目。

     2日目もウェルカムコーヒーから始まりました。

     朝は講師を招いて、ヨーロッパのSME(中小企業)について講義を受けました。といっても、SMEというよりはEUの法律や統合の考え方などが多かったように思います。ドイツの方でしたが、日本語が堪能で、日本語で話していただけました。簡単に講義の内容を紹介します。

     プレゼンを始めるとき、アメリカ人はジョークから始めますが、ヨーロッパ人は歴史から始めるようです。それだけ、ヨーロッパは歴史を尊重する国のようです。街並みを残すことに非常にこだわることを考えると、非常にヨーロッパらしさを象徴する特徴だと思います。

     ヨーロッパの基準の作り方はPPP(Public Private Partnership:公と民の協力)によるそうです。公的利益を尊重するため、アメリカよりも規制は厳しいこともあるようです。法律もアメリカではケース別の傾向があり、裁判所が強いのに対して、ヨーロッパでは法律を細かく書く傾向があるようです。

     EU統合において、言葉をどう扱うかは非常に重要なようです。日本人の感覚では、国際会議においては英語を使うのが良いと思いがちですが、欧州では、それはマイノリティーを無視することになるというような考え方になるようで、言語を統一することはせず、基本的に通訳を利用するようです。通訳がストライキを行った場合は母国語以外の言語をみんなが使うことで、平等性を保とうとするようです。ご存知かもしれませんが、EUの法律は23ヶ国語すべて
    (2009/04現在)で書かれているようです。これだけの言葉で法律を書くのは、非常にコストがかかるようですが、それでも文化を守るには必要なことのようです。

     昼はセンターの方からの説明があり、みんなもだんだん英語での説明や質問になれはじめました。

    | イベント | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ブリュッセルでの研修1日目
    0

      4月1日 ブリュッセルでの研修1日目。

       まずは、ヨーロッパらしく、ウェルカムコーヒーというものがありました。名前から想像できるように、コーヒーを飲みながら歓談しました。私たちが早く着きすぎたので、準備に追われながらも、センターの人達は応対をしてくれました。

       まずは、もちろん自己紹介から。いつもと違うのはそれが英語ということ。英語力の高い人は冗談を交えながら、上手に自己紹介をしていました。また、英語力が必ずしも高くなくとも、冗談を入れながら自己紹介をしている人も多く、参加者の会話力の高さを感じました。

       その後は、センターの人(イタリア人)から、英語でメールの仕方などの細かい説明を受けました。英語の説明なので、重要な情報をちゃんと理解できているのか、私を含めて心配になった人が多かったようです。

       お昼は、レセプションでサンドイッチなどをセンターの人が用意してくれたので、みんなで話をしながら食べました。

       昼の部はジェトロブリュッセルセンターの人から、欧州の経済状況やEUの経済戦略を聞きました。質問も活発に行われ、身のある話をしてもらえました。1日目の研修はこれで終わりでした。

       16時半に終わるという、研究室では考えられないような幸せを味わえました。人によって、観光したり、公園でお酒を飲んだりと思い思いのことをしました。

       夜には、みんなでバーに行き、ベルギービールを楽しみました。ハッピーアワーは1杯1€ということもあり、安くて楽しい夜をすごせました。英語の話せないベルギー人とノリで会話するなど、日本ではできない体験も多くしました。

      | イベント | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      旅立ち(エールフランス組)
      0

        シャルルドゴール空港にて

         すでにヴルカヌス・イン・ヨーロッパプログラムは始まっており、メンバーは各国に散らばっております。遅ればせながら、旅立ちあたりについてメモを見ながら書かせていただきます。

         今年はエールフランス(3/30夜成田発)を利用する人が多かったです。33Qもこの便で渡航したので、エールフランス組について書きます。

         夕方ごろにだんだんとメンバーが集まり始めました。東京近郊に住む人達の場合は、家族が見送りに来ていました。家族の見送りがない人達(私を含む)は日本での最後の晩ごはんを成田空港で一緒に食べました。ほとんどの人がラーメンを、2名ほどが日本食を選びました。1年間食べられなくなると思うと、感慨深いものでした。

         旅程はパリのシャルルドゴール空港まで十数時間を飛行機で飛び、そこからタリスに乗ってベルギーのMIDI駅に移動するというものでした。

         機内でフランス時間の朝3時前に朝食をとり、時間間隔がむちゃくちゃになってから、朝4時ごろにシャルルドゴール空港に着陸しました。シャルルドゴール空港で3時間ほど暇をつぶし、タリスに乗り込みました。
         タリスの窓から見る風景はまぎれもなくヨーロッパであり、ここに来てはじめて本当にヨーロッパに来たのだな〜、と思わされました。

         ベルギーのMIDI駅に到着した後は迷いながらも何とかメトロに乗り込み、無事センターが用意してくれたホテルに到着しました。日本人の集団が珍しいようで、道中でかなり視線を感じました。

         ホテルに荷物を置いた後はめいめいベルギー観光に行きました。夕食を取ったあとに1つの部屋に集まり、先発していたメンバーとも合流してみんなでビールを飲みました。

         メモしていた記録をほとんど書き写しているだけなので味気ない文章ですが、ご勘弁を。

        続きを読む >>
        | イベント | 15:47 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
        2008年度生報告会兼2009年度生壮行会
        0

           ヴルカヌス・イン・ヨーロッパの「2008年度生報告会兼2009年度生壮行会」が3月27日に欧産業協力センターでありました。

           午前中は2009年度生だけが集まり、主に4月1日〜3日にブリュッセルで行われる研修についての説明を受けました。これは、すぐに終わり、お昼休みをとりました。

           午後からはヨーロッパから帰ってきた2008年度生の報告会が行われました。プレゼン形式の発表と2009年度生を交えたディスカッションで構成されていました。

           プレゼン発表は一人頭の時間が少ないこともあり、企業インターンの内容に関する具体例などもありましたが、どちらかというと2009年度生へのメッセージというものが多かったように思います。多くの方が、楽しかったといいながらも、大変だったという感想を漏らしていたのが印象的でした。家がなくて路頭に迷っていた人がいたというのですから、私たち2009年度生もそれなりの覚悟が要るのでしょう。

           ディスカッションはいかに上手に語学を勉強するかや、人間関係の構築、インターンでの研修の仕方について、役に立つ情報を2009年度生が2008年度生との会談から引き出すというようなものでした。グループに分かれて行ったため、最後には各グループの代表者が内容をまとめて簡単な発表を行いました。

           そして、待ちに待ったレセプションです。高級そうなお寿司がいっぱい出てきて、日本食の勉強と言いながらいっぱいいただかせていただきました。他にもヨーロッパの料理らしきものが多くありました。2009年度生は一生懸命ごちそうを食べながらも2008年度生から情報を引き出そうと頑張っていたと思います。

           2008年度生は短いプレゼン時間では発表しきれないほどの経験をしてきたようでした。そして、バラバラの場所で研修していたはずの2008年度メンバーが非常に仲良くみえました。遠くにいながらもお互いを支えあい、苦労を分かち合ってきたのでしょう。私たち2009年度生も良い経験を得、仲良くなりたいものです。

          | イベント | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          事前説明会
          0
             ヴルカヌス・イン・ヨーロッパ2009年度の事前説明会が日欧産業協力センターでありました。

             多忙そうな事務局長からの激励のあいさつから始まり、若干緊張気味な様子の参加者達でしたが、派遣学生のユニーク混じる自己紹介によって場は和み笑顔も交えながらの説明会でした。

             途中で欧州委員会駐日代表部への表敬訪問をし、これまた多忙そうな副代表から激励のお言葉(in English)を給わりました。副代表は挨拶のあとそのまま、次の用事に向けて飛んで出て行きました。
             
             勉強不足の私達にここで「そもそもEUとはなんぞや?」という基本的なところのレクチャーをしてもらいました。ちなみに現在(2009/03/03 現在)のEUの加盟国は27です。まさか、わからない人なんかいませんよね・・・w

             そのあとにOBの方にためになる体験談をプレゼンていただきました。そして、そこはかとなく欧州の風を感じるレセプションへ移行し、みんなでちょっと談笑。

             センターに戻って、説明会の続きを行ったあと、OBによる個別相談でしめられました。個別相談ではOBに、仕事の交渉の仕方から向こうで彼女(彼氏)を作るべきかどうかまで、非常にためになるアドバイスをいただきました。語学のためには彼女(彼氏)を作るのが良いという結論でしたが、みんなはどうするんだろう・・・?


             説明会のあとに、渋谷に移動して、同期生で呑み会をしました。幹事をすすんで引き受けてくれた方々ありがとうございます。

             やっぱり、みんな積極的で、一瞬で仲良くなってましたね。ある意味、今後1年間を一緒に戦い抜く、戦友なので今後も仲良くしたいものです。


             若干かために事前説明会をまとめてみました。

             2009年度でもっともまじめでかたい男、ザビーこと33Qでした☆
            | イベント | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |